忘却曲線を味方につけて英語力をUP♪

忘却曲線 って聞いたことありますよね?






「忘却曲線」の画像検索結果

(*画像はお借りしました)





あまり詳しいことは知りませんが、

(興味のある方は調べてみて下さい)




要するに、時間が経つにすれ、覚えたことは忘れていき、




1日も経てば、前日に覚えたことの7割は忘れてしまっているんだそうな!
149.png 149.png 149.png




なんか、ビックリしちゃいますけど、そう言われてみれば、確かにそうですよね・・・





細かい数字とかは、全然知る必要もありませんが、




この忘却曲線の仕組み制覇することが、




英語習得の鍵となります!!





にほんブログ村 英語ブログへ



英語は、数学なんかと違って(はい、数学が苦手です・・・) 103.png



難しい理論は要りません! 169.png169.png169.png



難しい文法の研究とかをされる大学教授の方はいらっしゃいますが、



普通に会話ができるレベルの英語なら、文法自体もそんなに難しくありません。



ただ、英語のマスターが難しい理由の一つが、





覚えなければいけないことが多い!!
149.png 149.png 149.png





という点だと思います。




これがクリアーできないと、なかなか話せるようにならない・・・



英語がいつまで経っても上達しないと嘆いている方は、



覚えるべき例文の暗記、ボキャブラリーやイディオムの暗記などをすっ飛ばして、




文法勉強してみたけど、英語がしゃべれるようにならない・・・


参考書もいっぱい持ってるけど、英語がしゃべれない・・・


もう何年も英語勉強してるけど、簡単な日常会話さえもできない・・・




なんて、お悩みの方も多いんじゃないかと思います。





いつも言ってますが、



文法は頭で理解するだけでは、しゃべれるようにはならないのです!!




例文をしっかり暗記して、何も考えなくてもスラスラ出てくるくらいまで練習して、




頭の中にしっかり覚え込んでおかないと、




自分で文を作って、英語でスラスラ会話することなんてできません!




自分で文を作るって、応用のレベルですから、基礎ができていないと無理なんです!!






私は、この秋から、オンラインで英語を教えたいと準備中で、




中級、上級者レベルの方のレッスン用の教材の一つに、DUO 3.0 というテキストを使う予定でいます。



(DUOは英検準一級をめざすくらいのレベルの方向けの教材なので、初心者向けではありません。)



それで、DUOの例文(560文!)の暗記をしているところなんですが、



1日に3ユニットをやるようにしています。



例えば、Unit1, Unit2, Unit3と進んでいき、新しくUnit4に進む場合は、Unit1はいったん終了です。



毎日新しいユニットを追加していく訳ではなく、「しっかり覚えたな」と思ったら次のユニットに進む



ようにしています。




ここでポイントとなるのは、毎日3ユニットやることで、前にやったユニットの復習、反復をしっかりやっている


という点です。





忘却曲線には勝てないので、こうすることで、記憶をより確かなものにしている訳です。
166.png 166.png 166.png





何回も復習していくと、文はスラスラ出てきますので、時間もそんなに掛かりません。




こうすることによって、1ユニットにつき、最低でも3日、長ければ一週間以上同じ例文の暗記練習をしていることになります。





やればやるほど、記憶は確かなものになっていき、脳にインプットされていきます。



そして、いざ自分で文を作るときにも、構文が頭の中に入っているので、



何も考えなくても文が出てくるようになっているというわけです。
101.png101.png101.png




忘却曲線を味方につけるとは、こういうことです。




これは、あくまでも一例で、自分のペースでもっと早く進めていくこともできますし、



もっとペースを落とす必要がある場合もあるかも知れません。



ポイントは、新しいユニットばかりをやるのではなく、復習することで記憶の定着を図ること!です。




ですから、教材もアレコレ手を出すよりも一冊をじっくり使いこなすのがオススメなんです。







ここまで、文法のことをお話してきましたが、



英語が話せるようになるためにもう一つとても重要なのが、発音です!!





文法がいくら得意でも、発音が下手だと、絶対に流暢には聞こえません!
135.png135.png135.png





英語の高い知識を持っている方でも、しゃべることができない!




というのは、本当に勿体無いことだと思います!





大学の教授で英語の知識はものすごく豊富で、英文学の本とかスラスラ読めちゃうのに、




会話となるとアレっ?って方もいらっしゃいます。
149.png




留学や研究で海外に何年も住んでいたりしてもです!




発音も日本語なまりだったり・・・
122.png122.png122.png




発音のトレーニングをしないと、こうなってしまうんですよね・・・






英語が話せるようになるためには、まずは文法と発音をしっかり身につけることが



とても大事です!!





それさえ、クリアーできれば、あとはいかにボキャブラリーやイディオムを増やしていくかが上達のカギとなります!
136.png136.png136.png



自分次第でレベルはどんどん上げることができます♪

169.png169.png169.png




Sky's the limit!

101.png101.png101.png





ただ、文法と発音を本当の意味でしっかり身につけるのは、独学では難しいと思います。



特に発音は、ちゃんとできる人に指導してもらわないと難しいでしょう。




私も今、こうして英語が話せているのは、中学生の時に近所の主婦の方がやっていた英語の塾で、




文法や発音の基礎をしっかり教えてもらったからだと思っています。




きれいな発音で英語がちゃんと話せる先生に教えてもらうのが大事です。
166.png




Good Luck!!










にほんブログ村 英語ブログへ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by teresaenglish | 2018-08-29 05:10 | 英語学習のアレコレ | Comments(0)