フリートークはあまり効果がない

英語を話せるようになるためには、話す練習が必要です!



これは、本当です。


でも、ここで気をつけていただきたいのは、


フリートークで、何でも話せばいいというモノではない!ということです。



特に英語学習の初心者の段階で、フリートークをするのは、ほとんど効果がないばかりか、

マイナスであると私は思います。



それは何故か?



にほんブログ村 英語ブログへ



文法や発音の基礎がしっかり身についていない段階で、

持っている知識で英語を話そうとすると、とてもブロークンな英語になってしまうからです。


そして、ブロークンな英語を話すことで、益々ブロークンな英語が助長されてしまうという

悪循環に陥ってしまいます。




何事も基礎が大事!ですよね。


スポーツや音楽と同様に英語もしっかりした基礎固めが必須です!


テニスの初心者がいきなり上級者と試合をするのは、無理ですし、


ピアノの初心者がいきなり難易度の高いクラシックの曲を弾くのは不可能ですよね。


上級者の人は、何年も訓練を積んで、そのレベルに到達したわけです。




英語も同じです。



まずは、しっかりした文法等の知識と発音の基礎を固めること!


そこが大事なんです。



それなしには、スラスラしゃべれるようにはならないのです。




英語の習得において、何故かこの「基礎固め」の部分、


文法や発音の基礎を身につけるためには、トレーニングが必要なのだという点が


見落とされているような気がします。




いくら文法を勉強しても、話すトレーニングを積まない限りは話せるようになりません。


日本の英語教育では圧倒的にこの部分が欠けていると思います。


そのために何年英語の勉強をしても英語が話せないという結果になってしまっています。





フリートークに話を戻しましょう。


フリートークは、初心者にとって、効果が薄いばかりかマイナスでもあるのです。


それよりも、テキストを使って正しい英文を少しでも多く暗記して


より多くのパターンを頭の中に蓄積していくことが大事なんです!




私は、中学一年で英語を勉強し始めた早い段階でこのことに気付いていました。


だから、英語の勉強をする時は、なるべくオーディオが付いている教材を選ぶようにしてきました。 


自己流に読んでいても、正しい発音は身につかないと思ったからです。


学校の教科書で勉強するときも、スラスラ読めるようになるまでオーディオを使って何回も練習しました。



学校の先生の発音が上手くないことも分かっていたので、



(どう考えてもオーディオで聞くネイティブスピーカーの発音とは違うと思った!!)



なるべく先生の発音は聞かないようにしていました。


(先生、ごめんなさい・汗)


その分オーディオを使って、自分で勉強しました。




大学に入ってからESSという英語のサークルに入ったのですが、


部員同士で英語を話すのには、すごい抵抗があって、退部しました。


日本人同士のヘタな(失礼!)英語を日常的に話してしまうのは、とてもマイナスだと思ったからです。


発音もできてないし、文法も間違っているからです。


そして間違った発音や文法は伝染します。


学生たちは、みんな同じような間違いの英語を話していました。


これは、とても危険なことだと思いました。



(注意:サークル自体は、いろんな人と知り合いになれたり楽しいこともあったので、

英語サークル自体を否定するものではありません。その点ご理解いただければと思います。

ただ英語の習得の観点からすると自分にとっては適していないと判断しました。)






以上が、私がフリートークをオススメしない大きな理由です。


特に初心者の方の場合、フリートーク形式のレッスンではあまり上達は期待できないでしょう。



フリートークが有効なのは、中、上級者のレベルで、ネイティブ相手に話す場合だと思います。


そして、たとえ中、上級者の方でもフリートークだけで英語の上達をしようとするのは、


あまり効率の良いやり方だとは思いません。



仮に、フリートークだけで英語力を上げようと思ったら、膨大な時間を費やす必要があるでしょう。



そして、フリートークをいくら重ねても発音の矯正をしない限り、発音は直りません。



海外生活が長くても日本語なまりの発音の人がいるのも同じ理由からです。





それよりも、テキスト等自分のレベルに合った質の良い教材を使って、



ストラクチャーがしっかりした方法で英語の学習をするのが効果的




だと思います。








にほんブログ村 英語ブログへ
[PR]
Commented by 京都 at 2018-07-11 12:56 x
こんにちは。
フリートークについて。
本当にその通りだと思います。以前から疑問に思っていました。
(トークの間は、何とか会話ができたという達成間はあるかもしれませんが)

今、NHKの講座を聞きながら勉強は細々と続けています。
勉強への意欲が萎えてしまう時は、以前アップして下さった「ラジオ講座の勉強法について」を、何度も読み直して奮起しています。

 いつも一方的な質問ばかりで申し訳ありませんが、
単調な勉強法に、ストレスを加える意味で、テスト(TOEICなど)を受けてみようかとも考えていますが、何かお勧めのダラダラ勉強にストレスを与える方法があればアドバイスお願いします。
Commented by teresaenglish at 2018-07-12 10:30
コメントありがとうございます♪

そうなんですよね。フリートークは予習や復習がいらないし、とっつき易いし、なんとなく楽しいかもしれませんが、蓄積されるモノがあまりないので、本気で英語をマスターしたいという方には、あまりオススメできません。

英語の勉強は、日々コツコツ積み上げていくしかないと私は思っていますが、確かに単調だし、飽きもきますよね。 私も普段はNHKのラジオ講座で勉強していますが、ほとんど日課みたいに割り切ってやってます(笑)。 忙しくてできない日もありますが、たまにそういう日があってもOKです。 とにかく続けていくことが一番大事だと思います。 新しいボキャブラリーやイディオムなどは、その時に覚え切れなくても、またひょこりどこかで出てくるので、そういう繰り返しで段々と定着していきます☆

TOEICなど資格試験を目標に勉強するのは、良い刺激になると思います。 あとは、自分の好きなことでスパイスを与えるのも良いんじゃないかと思います。 私の場合は洋楽が好きなので、好きなアーティストの曲を聴きます☆ 自分の興味あることをYouTubeで検索して、関連したビデオを観るのもオススメです。あと好きなアーティストのインタビュー映像を観たりとか。 

私は、その日にやったテキストや参考書を机に積み上げて、ちょっとした達成感を味わっています♪ 次の日はまた元の場所に戻して振り出しに戻ります。 何か自分にご褒美をあげてもいいかも知れませんね。 頑張りましょう~♪
Commented by 京子 at 2018-07-13 16:16 x
こんにちは。
早速アドバイスをいただきありがとうございます。

自分に合った、良い刺激を見つけられるよう、アンテナを張っていきたいと思います。
英語のプロの方から「日々コツコツ積み上げていくしかない」という言葉を聞くと、自分などはもっと純粋にまじめに英語に向かわなければ…と反省しました。(でもすぐに忘れてしまう性格ですので気にしないでください)
また記事アップを楽しみにしています。ありがとうございました。
Commented by teresaenglish at 2018-07-15 08:49
いえいえ、どういたしまして☆

私は、英語はスポーツや楽器の練習に似ていると思います。 
日々コツコツと練習を重ねていくイメージです。
そうすると、少しずつでも確実に上手くなっていきます。
続けることが一番大切ですので、ご自分のペースで頑張って下さい☆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by teresaenglish | 2018-07-10 07:08 | 英語学習のアレコレ | Comments(4)