多くの人が英語を習得できない最大の理由

多くの人が英語を習得できない最大の理由は何だと思いますか?



私は、英語は誰でも習得できると思っています。


理由は、


難しいロジックや理解力などが必要ないからです♪


賛同できないという方もいらっしゃるでしょうが、


これは、あくまでも私が信じるところですので、あしからず(笑)



では、なぜ、日本人にとって英語の習得が難しいのでしょうか?



その最大の理由はズバリ!



にほんブログ村 英語ブログへ



 
途中で諦めてしまうからです!!



私は、英語は比較的習得しやすい言語だと思っています。



ドイツ語やフランス語に比べて、文法が複雑じゃないし、



発音もこれらの言語に比べれれば、難しくありません。



しかも、全世界で最も広く有効な言語です!!



(人口的に多いという意味ではありません)



英語が話せると、世界が広がります♪



ニュースにしても、英語でそのまま理解できるのと、

翻訳された日本語に頼るのとでは、全然違います。


例えば、アメリカの大統領のスピーチやインタビュー一つにしても、

英語で理解できるのと、できないのとでは全然違ってきます。



グローバル化がハイスピードで進んでいる世界で、

英語を理解し、話せることは、とても有益なことと思いますし、

国際的に活躍したい人にとっては、もはや必須です。







でも、多くの日本人にとって、英語が難しく感じるのは事実です。


他のアジア諸国の人たちと比べても、日本人で英語をしゃべれる人の割合は低いと思います。


アメリカでも中国人や韓国人のパワーはすごいと実感します。


これらの多くの人たちは、お世辞にも発音が上手いとは言えませんが、


そんなことお構いなしで、ガンガン英語をしゃべります(笑)


度胸がすごいのです!





ちょっと脱線していまいまいした。



どうして日本人にとって、英語は難しく感じるのでしょうか?



このブログでも何度も触れてきたように、



英語をマスターするためには、文法を理解することが必要です。


そして、コミュニケーションのために使える英語を話すには、


正しい発音ができることが大事です。


そして、文法、発音の習得と合わせて、自然に英語が出てくるようになるためには、


例文の暗記 が必要です。



どれも、短期間で習得できるものではありません。



ある程度の期間、粘り強く勉強、練習をしなくてはなりません。




ハッキリと線引きできるものではありませんが、



ある一定のレベルまでくると、英語がスラスラ話せるようになります☆





私は、高校生の時最初に留学したときに、テレビのコメディドラマ(sitcom)



(当時、ホストシスターと毎日のように見てたのは、Family Ties でした☆


懐かしい~!!)



が、理解できるようになったのは、3ヶ月くらい経ったころだったと思います。


留学する前から、発音や文法は勉強して出来ていたので、


自分の言いたいことを言うのはできていました。


ただ、相手が言っていることを理解するのが難しく、時間が掛かりました。


リスニングが大変だったという事ですね。


これも、だいたい3ヶ月くらいで、だいぶ慣れてきたと思います。



文法も発音もリスニングも留学前に基礎がしっかりできていたので、


その後の英語の習得に大きく役立ったと思います。



残念ながら、留学してもあまり英語が伸びないまま帰国した人たちはたくさん見てきました。


長年アメリカに住んでいても英語がブロークンなままな人もたくさん見てきました。


逆に留学経験がなくても、英語を習得している人たちはたくさんいらっしゃいますよね。




要は、しっかりした基礎を習得し、


そこから積み上げていくということです。




それ以外のラクな方法などないのです。  残念ながら。




でも、諦めずに努力を重ねていれば、



英語がしゃべれるようになる日は必ずやってきます!




そして、何度も言っていますが、英語の習得はそんなに難しくはありません。




Good Luck!!









にほんブログ村 英語ブログへ
[PR]
Commented by 京子 at 2018-03-19 14:56 x
こんにちは。初めまして。
ブログ拝見させていただきました。
とても興味深く、なるほどと理解できる内容が盛りだくさんですね。
色々英語勉強法についてブログを見てきましたが、とても説得力がありました。

もしご存知でしたら、文法書でおすすめのものがあれば教えていただけると有難いです。

今NHKのラジオ講座(ラジオ英会話 入門ビジネス英語 現代英語)を視聴しています。

よろしくお願いします。
Commented by teresaenglish at 2018-03-20 14:49
こんにちは☆ ブログをご覧いただきありがとうございます☆ 
文法書ですが、オススメといいますか、手元にあるものをご紹介させていただきたいと思います。 

「表現のための実践ロイヤル英文法」  綿貫陽、マーク・ピーターセン 共著 旺文社

「一億人の英文法」 大西泰斗、ポール・マクベイ 共著  東進ブックス

「ロイヤル英文法」は、とてもオーソドックスな感じで、文法が体系的に説明されていて、私は使いやすいです。 例文がちょっと古いかな?と思うものもありますが、文法の勉強という観点からすれば問題ないかと思います。 

「一億人の英文法」は、例文が実践的で良いと思います。 ただ文法の説明の仕方が、私はこういう形式に慣れていないせいか、あまり頭に入ってこない感じです。読み物としてはおもしろい感じだと思いますが、文法の説明は「ロイヤル英文法」の方が私にはストンと入ってきます。

スタイルの違いはありますが、どちらも良い文法書だと思います。 個人的には、文法を勉強するのが目的なら「ロイヤル英文法」、例文暗記が目的なら「一億人の英文法」を選ぶと思います。 どちらか一冊を選べと言われれば、「ロイヤル英文法」を選ぶと思いますが、詰まるところ使いこなせれば、どちらも良いと思います。 ご参考になれば良いのですが☆


Commented by 京子 at 2018-03-22 14:38 x
早速、ご回答いただきありがとうございました。
こんなに早く、そして丁寧に教えていただいて感謝の気持ちで一杯です。
本当にありがとうございました。

「ロイヤル英文法」を見てみたいと思います。もう一つご紹介いただいた「一億人の英文法」についても
確認したいと思います。

またブログの更新楽しみにしております。
お忙しい中ありがとうございました。
Commented by 京子 at 2018-03-23 13:56 x
早速、お返事ありがとうございます。
一方的にご質問させていただいたのに、丁寧でわかりやすい回答をいただき感謝しております。

早速「表現のための実践ロイヤル英文法」書籍を確認したいと思います。
本当にありがとうございました。

途中で諦めたり、投げ出さずに長期戦で臨みたいと思います。
またブログお邪魔させてください。
(昨日送信したのですが、失敗した可能性があり再送信しました。重複して届いていたら申し訳ありません)

Commented by teresaenglish at 2018-03-24 04:20
最初の送信していただいたコメントもちゃんと届いています。 
お返事が送れてごめんなさい。 
お役に立てたら嬉しいです☆

英語の勉強はまさに長期戦ですよね。
外国語の勉強って終わりがないので、
私も一段一段階段を上っていくようなイメージで続けています☆
Good luck!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by teresaenglish | 2018-03-05 06:46 | 英語学習のアレコレ | Comments(5)