英語の勉強にそんなにお金をかける必要はない!

英語の勉強は、そんなにお金をかけなくても十分できる!

と私は思っています。


また、

お金を掛けたからといって、英語力が上がるというものでもありません。

残念ながら・・・(>_<)



英語産業は大きなビジネスですので、すごい宣伝を打ってきますし、
特に初心者の方は、ご自分で判断することもできませんよね・・・
但し、間違ってもウン十万もするような教材に手を出したりしないで下さいね。
そんなことをするくらいなら、

まずはNHKの英語講座で勉強すれば十分です!








私自身は留学もしましたし、大学も外国語学部なので、
そう言う意味ではお金は掛かっているわけですが、

留学したからと言って、英語がしゃべれるようになるわけではないのです!
外国語学部で英語を専攻したからと言って、英語がしゃべれるようになるかと
言われれば、決してそうではないのです!


留学したのに、英語が上手くしゃべれない人(ある程度はしゃべれても)
外国語学部なのに日常会話も満足にできない同級生も結構いました。
しかも私の卒業大学はそれなりのレベルの大学です。
何故か???

外国語学部の同級生に関しては、読み書きは、ちゃんとできるんです。
英語が得意科目な人ばっかりですからね。
でも、やっぱり流暢に話すことはできない。ネイティブの英語がちゃんと聞き取れない。
それは、やっぱり発音の勉強や、耳を使った英語の勉強が不十分なんですね。
だから英語の知識はあっても、
ネイティブとちょっと込み入った話さえできないレベル(>_<)

勉強方法が間違っていた。というか、使える英語の勉強方法を知らないままきてしまった。

と言うことだと思います。

もちろん、外国語学部の同級生の中には、かなり流暢な英語をしゃべれる人もいました。
「使える英語」と「使えない英語」、はっきりと明暗が別れてしまうんですね。

留学したのに英語がしゃべれない人。 こちらもしかり。
原因は同じです。耳を使った英語の勉強が不十分なんですね。
だから、こういう方が留学しても、流暢に英語をしゃべれるようにはならないんです。
残念ながら・・・

少し話が脱線してしまいまた。
話を元に戻しましょう。

まず、「高い教材を買う必要はない」というのが私の持論。

それから、元英会話学校の講師として、こんなことを言うのは気が引けるのですが、

英会話学校に行っても、英語が話せるようにはなりません!

すいません。最初にお話した通り、当ブログでは、
私の本音を書かせていただいてますのでご了承下さい。 

特に初心者の場合、ネイティブとちゃんと会話ができるレベルになるのは、
英会話学校に通っているだけでは、無理です。

それは、文法の基礎が身についていないからです。
英会話学校では、文法のポイントを教えるのが精一杯です。

文法は部分的に勉強してもあまり意味がありません。

海外旅行に行ったときに、ある程度現地の人の言ってる単語が聞き取れたり、
片言の英語でコミュニケーションを取れたりは、できるかもしれませんが。
その程度の英語力しか身につかないにしては、あまりにも授業料が高すぎます!
ただ、楽しい習い事として通われる分には、いいでしょう。 
個人の自由ですからね。

ある程度の英語の知識があって、自分でもしっかり勉強していて
英語を使える場を求めている方にとっては英会話学校も良いかもしれません。
私は発音矯正にも力を入れてレッスンさせていただいていましたが、
確かに上達された方もいらっしゃいました。

また、既にある程度ネイティブと会話が成立するくらいのレベルの英語をお持ちの方で
ネイティブの先生と話す機会を求めていらっしゃる場合にも、
英会話学校は良いのかもと思います。

でも、私だったら、そんなに高い授業料を払うよりも、NHK講座で勉強します!
それに今は日本に住んでいても、海外のニュースやドラマなどいくらでも観れますしね。

英語を身につける目的という点からのみ考えますと、

英会話学校がそれだけの価値があるとは、
やっぱり、どうしても思えません。


Thank you for clicking !
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by teresaenglish | 2016-08-23 04:07 | 英語学習のアレコレ | Comments(0)