まずは、自己紹介

初めまして! 
Welcome to my blog!

このブログは、「英語を勉強する全ての人のお役に立てること」を願って立ち上げました。

まずは、簡単に私の自己紹介をしますね。

HN: Teresa *本名ではありませんが、英語名としてこちら(アメリカ合衆国)で使っている名前です。

学生時代も入れて、在米約20年になります。

英語は中学から勉強をスタートしました。
高校時代に政府間の交換留学で一年間留学。とても素晴らしいホストファミリーに巡り会いました。
大学では、学校間の交換留学を一年間。この時は、寮生活でした。
大学在学時に受けたTOEICのスコアが930点でした。
卒業後、大手英会話学校で教務主任として勤務。
結婚を機に渡米し、現在に至ります。

以下にもう少し詳しい自己紹介と、このブログを通して私が皆さんにお伝えしたいことを書きますね。

英語は、普通に中学に入ったと同時に勉強し始めました。
「英語を話せるようになりたい!」という思いが強く、とにかく頑張って勉強しました。
でも、今考えれば、当時は英語なんて、話せませんでしたし、
聞き取りもできませんでしたし、どうやって勉強したらいいのかとかも分かっていませんでした。
初心者ですから、当たり前ですよね(^^;)
学校の英語の成績は良かったです。
与えられたものを、きちっと勉強していましたから。

先生は大事
私がラッキーだったのは、中学の3年間、近所の方が個人でやっていた英語塾に通っていたことでした。
この先生が外国部学部出身の方で、発音も日本人っぽくなく、(もちろんネイティブの発音ではありませんが)
発音記号をちゃんと教えてくれたことでした。
これが、その後の私の英語習得の大きく影響したと思います。

ネイティブの発音
ネイティブの発音にとても魅力を感じていた私は、なんとかネイティブの発音に近づけるように努力しました。
私の勉強法の特徴は、とにかくネイティブの発音を多く聞くこと!
もちろん、英語で大切なのは、発音だけではありません。
文法、ボキャブラリー、構文、読解力、リスニング・・・全て大事です。
でも、せっかく文法等が強くて、英語を理解する力が強くても、
発音が悪いと、ネイティブには通じません。
それは、残念ながら「使えない英語」です。

例えば学者さんで、論文を書いたり、とても高度な英語力を持っていても、
発音が悪くて、英語を話すと、日本語なまりが強くて、殆ど通じないような例もあります。
これは、ある意味、仕方のないことだと思います。
英語の発音は、日本語の発音とは全く違います。
ですから、スポーツや楽器を習うように、練習して習得する必要があるのです。
でも、発音の習得は、そう簡単ではありません。
決して難しいわけではないのですが、自分で客観的に正しい発音ができているかすら判断できず、
多くの方が日本語なまりの英語になってしまうのではないでしょうか。

このブログは、一人でも多くの方に、ネイティブに近い発音を身につけて、
本当に通じる英語をしゃべってもらいたい!という思いを込めて作っています。
発音に関しては、このブログの各所で触れていきたいと思いますが、
自己紹介ではこれくらいにしておきますね(^^;)

高校時代
英語塾は中学までだったので、それからは、完全に独学になりました。
英語の成績は良かったので、自信があったのですが、
高校に入って間もなく受けた模試の成績が良くなかったのです(>_<)
そこで、高1の夏休みに、集中的に、徹底的に文法を勉強しました。
(私の文法の勉強法はまた詳しく紹介する予定です)
これ以降は、模試でも常にトップクラスの成績がでました。
全国模試で7位(英語だけです)になったときは、自分でもビックリしました。
ちなみに予備校や塾へは一切行っていませんでした。
でも、模試の成績とかは、私にとってそれほど重要ではありませんでした。
私が目指したのは、「実際に使える英語」だったからです。

高校で一年間の交換留学
高3の時に、政府間の交換留学制度を利用して、
アメリカに一年間留学しました。(高校は一年留年しました)
一年間ホストファミリーにお世話になったのですが、
この一年で、私の英語は随分鍛えられたと思います。
とは言っても、最初はホストファミリーの言ってることが、どれくらい分かっていたのやら?
今考えて見ると、多分50%くらいだったのでは??と思います。

大学は外国語学部、専攻は言語学
高校留学から戻って、受験をして、大学は外国語学部に進み、更に英語を勉強しました。
専攻は言語学です。
大学3年時に、交換留学制度を利用して、一年間、アメリカのトップクラス州立大学に留学しました。
この時は、単位交換ができたので、留年しなくて済みました(^^)
大学在学中に受けたTOEICで930点を取りました。

大手英会話学校で主任教師その後渡米
大学卒業後、某大手英会話学校の主任教師をやっていましたが、
結婚を機に渡米し、現在に至っています。
私の経歴はざっとこんな感じです。


私がこのブログを通してあなたに伝えたいこと

このブログは、「本当に使える英語」を習得したいという方、
一人でも多くの方に私の経験が少しでもお役に立てればと思い立ち上げました。
国際化が進む世界で、英語を話せることは大きなプラスになりますし、
あなたの人生をより豊かにしてくれます。


すばらしい知識や能力をもった日本人の方、これからどんどん活躍する可能性を秘めた学生さんたち、
そんな方々が世界に羽ばたくお手伝いができれば、とても嬉しいです。
もちろん、ただ純粋に英語の勉強がしたいという方、海外旅行で英語を使ってみたい等
どんな目的であれ、あなたのお役に立てれば、最高に幸せです。

帰国子女ではないからこそ
私は留学経験はありますが、帰国子女ではありません。
帰国子女の方は、子供の頃からの海外での生活で自然に英語を話すようになりますが、
私は独学で英語を身に付けました。
子供の頃から英語圏で育っていない限り、「自然に」英語を身につけるなんてことは不可能です。
日本で生まれ育った私たちは、英語を「勉強して習得する」他ないのです。
そんな私だからこそ、あなたのお役に立てると思います。

巷では、良く「聞くだけで英語が身につく」などの宣伝文句を聞きますが、
残念ながら、それは、絶対にあり得ません。
英語は、文法、構文、ボキャブラリーなど、系統だった学習が必要だからです。
さらに通じる英語となると発音がとても重要です。

英語習得の道は簡単ではありませんが、
正しい勉強法で、続けていけば誰でも習得が可能だと思っています。
私は、数学が苦手なのですが、数学とは違い、
英語は努力さえすれば、誰でも身につけられるところが魅力だと思います。
英語に特別な才能なんて必要ありません。
英語圏に育てば、誰でも英語を話します。

私は、英語オタクなので、英語のことでしたら、いくらでも熱く語ることができます。
私の高校生の頃の夢は、「日本の英語教育を変えること」でした(笑)
残念ながら、学校の英語教育は今現在でも効果的だとは思えません。
これは、ある意味、仕方のないことだと思います。
なぜなら、英語のネイティブなみの発音で、しかもちゃんと話せる先生を
養成するのは難しいからです。

TOEICのスコアよりも大事なこと
私のTOEICのスコアは930点ですが、私は「TOEICの勉強」をしたことがありません。
私が常に目指しているのは、「本当に使える英語を身につけること」ただそれだけです。
英語は英語です。「TOEICの英語」とか「英検の英語」とかは、無いのです。
また、TOEICは資格ですので、「英語の能力がどれくらいあるか」を社会的に示すことはできますが、
TOEICのスコアが高くても、英語が下手な人はいくらでもいます。
私が目指すところは、少し違うのです。
TOEICのスコアも大事かも知れませんが、
それよりも、あなたの英語はネイティブに実際に通じますか?
英語でコミュニケーションができますか?

私は、そちらの方が、大事だと思います。

翻訳ができるほど、英語の理解力は高い人でも、発音が下手で上手く話せない人もいます。
とても残念なことだと思います。 せっかく高い英語力を持っているのに。
そしてそれは、ただ単に英語の勉強の仕方を間違えてしまった、または知らなかった。
ただそれだけのことなのです。

スポーツでも音楽でも良い先生に教えてもらうことが成功の鍵となります。
英語も然りです。でも、良い先生に巡り会うのは、なかなか難しいと思います。
特に日本で普通に生活していて、そういう先生を見つけるのは簡単ではないでしょう。

そこで、私は、あなたに私の勉強法をこのブログでお伝えできたらと思うのです。
勿論、その人によって合う勉強法と合わない勉強法があります。
ですから、私の勉強法の全てがあなたに合うかは、分かりません。
でも、これは、私が実際に今までやってきた勉強法です。
この中で、少しでもあなたのお役に立てることがあったら、とても嬉しいです。

一つだけお断りしておきたいことがあります。
それは英語を習得できるかどうかは、「あなたの努力次第」ということを肝に銘じて欲しいという点です。
これさえやっていればというような絶対的な勉強法はないと思います。
それは、人は皆違うからです。
でも、努力して英語を習得した人たちに共通して言えることは、
試行錯誤を繰り返し、自分に合った勉強方法で、コツコツ努力を積み重ね
少しずつ英語が自分の物になっていき、そして話せるようになっていった
と言うことです。
ですからあなたも是非、私の勉強法で取り入れていただけるものは、取り入れて
あなた自身にあった勉強法を見つけて下さい。
私は、あなたの英語学習を全力で応援します!

それから、ここだけの話ですが(^^;)、私は英会話学校で講師をしていた頃は、自分のやり方でレッスンができないことに
不満や残念な気持ちを抱えていたんです。
会社組織である以上、マニュアルや方針があり、それに従わなければいけないのは仕方のないことですが、
例えば初心者のクラスでも、レッスンを全て英語でやらなければいかなかったりなど
私に言わせれば、「効果的ではない」と思いました。 まずは、文法等の基本は日本語でしっかり習うべきだと思います。
また、会話だけやっていても、話せるようになる訳などないのです。
まずは文法をしっかり身につける必要があります。
これは、当時私が感じていたもどかしさのほんの一部ですが、
このように、当ブログでは、私の英語学習に関する本音を語っていきたいと思います。
この点ご了承下さい。
ご賛同いただけない方は、どうぞスルーして下さいませ。

このブログを通して、私の夢「英語を使いこなすことができる日本人を増やすこと」
に少しでも貢献できたらいいなと思っています!

思いつくままに、私の思いを語ってしまいましたが(^^;)
最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m
私の英語学習に関する考え方が、少しでもお伝えできましたら幸いです。

これから、少しずつ当ブログのコンテンツを充実させていって
皆さんのお役に立てるようなブログになるように、頑張りたいと思います!
どうぞよろしくお願いします!

私も日々、英語の勉強をしています。
一生勉強です!
あなたも、私と一緒に英語の勉強を頑張りませんか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by teresaenglish | 2016-08-09 03:09 | はじめに | Comments(0)